まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のアフィリエイトへの活かし方

 どうも、まろすけです。

 

 

前回、Google コアアルゴリズムアップデートに関して

記事を書きました。

 

そのなかで、検索集客に依存しない手法のひとつとして、

DRMのようなファンの醸成/成長をうながす仕掛けを

構築すべきだとお話ししました。

 

 

前回の記事は

 ↓ ↓ ↓

 

www.marosuke.net

 

 

 


今回はアフィリエイトで大きく安定的に稼いでいくなら必要になってくる

「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」について

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは何?

 

アドセンスなどの「トレンドアフィリエイト」ではあまり重要視されないDRMですが、

 

「メルマガアフィリエイト」

「情報商材アフィリエイト」

 

に取り組んでいくのであれば、DRMの考え方とスキルは、

とても重要なものとなってきます。

 

 

DRMを理解すれば、メルマガアフィリエイトや情報商材アフィリエイトで、

あなたの価値観に共感してもらい、ファンを増やしていくことが

どれだけ大切なことなのか、わかってくると思います。

 

 

DRMの凄さは、個人でも月収100万以上や、やり方によっては1千万という報酬を

得られる可能性を秘めているということです。

 

DRMを極めることが出来れば会社という組織に束縛されずに、

あなたの好きなように人生を送ることが可能となるわけですね。

 

 

ではダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)について

説明していきましょう!

 

 

実は、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)って、

Wikipediaにあるダイレクトレマーケティングと同じことを指してます。

 

 

1961年にレスター・ワンダーマンが、科学的な広告原理に基づき、効率的な販売方法として世界で初めて提唱したもので、従来の広告の目的である伝えることよりも、レスポンス(反応)を獲得することに主眼を置いている。

そのため、イメージ広告よりもセールス色が強いと言われており通信販売業界、金融、IT、自動車業界など元々顧客からの反応を必要とするビジネスに適用されることが多い。

Wikipedia:「ダイレクトレマーケティングより」」

 

 


ダイレクトレスポンスを直訳すれば、

 

「ダイレクト=直接」

「レスポンス=反応」

 

であり、お客さんから直接反応を得るマーケティング手法ということです。

 

そのなかでも、DRMはお客さんからの反応を獲得することを最も重要視しています。

 

 

つまり、

 

「読者さんから反応を得られるコンテンツを作って、

 お客さんとなる読者さんに行動してもらう手法」

 

ということですね。

 

 

たとえば、DRMの中でも身近ところでいうと、テレビCMですね。

 

テレビCMの目的は、商品の宣伝やどういった商品なのか理解してもらうためですが、

そのCM内では商品やサービスの概要説明をして、

 

「詳しくはお電話をください」

「無料サンプル差し上げます」

 

といったCMがあります。

 

 

あのCMは、

お客さんが「反応」して販売者に「直接」連絡して

商品を購入するという流れです。

 

まさにあの手法はDRMを取り入れた戦略といえます。

 

 

そしてDRMは特にアフィリエイトとは、とても相性が良く、

個人でアフィリエイトに取り組んでいる人にとっては

最強のマーケティング手法となります。

 

 

 

 ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を実践するメリット

 

個人として継続して大きく報酬を獲得する手法の中で

最も効果のあるDRMのメリットは次の4点です。

 

  • あなたのファンだけを集めることが出来る
  • リピーターを生み出すことが出来る
  • 売れる商品を確実に提案することが出来る
  • 売上を最大化するマーケティング手法

 

では順番に説明します。

 

 

 

 あなたのファンだけを集めることが出来る

 

「メルマガアフィリエイト」「情報商材アフィリエイト」に取り組む場合、

メイン媒体のブログからメルマガ登録してもらい、

読者さんのメールアドレスを取得していく必要があります。

 

 

メルマガに登録してもらうためには、まずはブログに良質な記事をたくさん投稿し、

多くの読者さんから信頼してもらう必要があります。

 

そしてあなたへのお問い合わせや、メルマガ登録といったアクションをしてくれた人は

あなたに少なからず興味があるということになります。

 

 

つまり、今後あなたのファンとなり、あなたが紹介する商品やサービスに

お金を払ってくれる可能性があるということです。

 

 

購買意欲のない人達に商品を購入させようとするのは

時間と労力を無駄にするだけです。

 

ですから、あなたに関心がない人達を相手にするよりは、

あなたが提供したブログ記事に反応してくれたお客さんだけを相手にして、

徐々に信頼関係を構築していくことが最良の策といえます。

 

 

信頼関係を構築できた方々、つまりあなたのファンになってくれた方々だけに

商品やサービスの紹介をしていけばいいので、

不特定多数を相手にするより無駄な労力をかける必要がなくなって、

とても効率的なセールスを仕掛けることが出来るというわけですね。

 

 

 

ファン化によってリピーターを生み出すことが出来る


DRMマーケティングではいかにお客さんと信頼関係を築けるかが重要であり、

その人数を増やせば増やすほどに稼げる金額はどんどん大きくなっていきます。

 

つまり、あなたの商品に興味があるお客さんのリストが大きな資産となるということです。

 

 

例えばあなたが、ハンドメイド雑貨を売っているお店の経営者としましょう。

 

一見するとお店やその販売している商品が資産のように見えますが、

実は商品そのものがお金を生んでいるのではなく、

あなたのファンがあなたの作るハンドメイド雑貨だからという理由で、

お金を払ってくれているわけですね。

 

 

顧客リストさえあれば、たとえあなたがお店を経営しなくなっても、

今までのお客さんにアプローチをかけて、また利益を獲得していくことができます。

 

つまり、顧客リストの方々はあなたのファンだからこそお金を支払うのであり、

その方々はあなたにとっても大きな資産となるわけですね。

 

 

アフィリエイトでいうなら、

メールを通じて読者さんの役に立つ内容を発信して信頼関係を構築する。

 

 

そこで読者さんの期待に応えられるような商品やサービスをセールスし

満足してもらうことで、あなたに対しての信頼度が更に上昇します。

 

 

そうすれば次に商品やサービスを紹介した時にも購入してくれる可能性が高くなるので、

ファン化によってリピーターを生み出すことが出来るというわけですね。

 

 

 

確実に売れる商品を提案することが出来る

 

ブログから集まったメールアドレスは、

読者さんがあなたのブログ記事に書かれている内容や価値観などに共感し、

興味を持ってくれたから登録してくれた、つまり質の高いメールアドレスです。

 

この質の高いメルマガリストを上手く集めることが出来れば、

あなたが紹介する商品やサービスに対して、

読者さんにアンケートを取ることだって可能となります。

 

そこから読者さんが求めているニーズを正確に把握することが出来て、

そのニーズを満たす商材やサービスを作っていけば、また売れていくというわけです。

 

 

DRMはメルマガリストからお客さんに何度もアンケートを取って、

売れる商材やサービスは何なのか把握していくので、

より確実に売れる商材やサービスをセールスしていけるというわけです。

 

つまり、アンケートがリサーチそのものというわけですね。

 

 

この流れを把握しておれば、

ビジネスで大きく失敗するということはなくなるはずです。

 

 

 

売上を最大化するマーケティング手法

 

DRMは、アフィリエイトの場合でいうと、

「メルマガに登録してくれる読者さんの獲得」にばかり目がいってしまいます。

 

 

ただ、DRMの手法の真骨頂は、実は見込み客を集めた後の部分なのです。

 

DRMを用いるとあなたのブログの読者さんは以下の3つに分かれます。

 

 

・新規の読者さん(見込み客) ⇒ 商品に興味のある人

・顧客 ⇒ 商品を購入してくれた人

・あなたのファン(リピーター)⇒ あなたの紹介する商品なら何でも購入してくれる人

 

 

そして、

「新規の読者さん(見込み客)」「顧客」「あなたのファン(リピーター)」

この3つの割合はどこかのタイミングで安定してきます。

 

 

販売者側の商品やサービスの質で結果は多少左右されますが、

お客さんの比率がある程度一定になるという点がDRMの興味深いところなのです。

 

 

つまり、それぞれの属性に合った商品やサービスを提供することが出来れば、

全てのお客さんに対してセールスを仕掛けた時に、

売上を大きく伸ばしていくことが出来るということになります。

 

ですからこれら3つの属性に見合う商品構成を考えておくことが不可欠といえます。

 

 

アフィリエイトでいえば、

メルマガに登録したばかりの人はアフィリエイト初心者の可能性が高いですから、

初心者が実践して稼ぎやすい「物販・トレンドアフィリエイト」の商材を紹介。

 

顧客となってくれた中級者には情報商材アフィリエイトの商材。

 

そしてあなたのファンになってくれたリピーターには、

あなた独自のコンテンツを紹介して販売していくといった流れですね。

 

 

メルマガに登録した読者さんの属性のことまでしっかり考え込まれているあたり

DRMの手法の凄さが理解できるのではないかと思います。

 

 

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の3つのステップ

 

DRMを使ったビジネスの基礎は、

集客して商品を見てもらい、商品の解説をして教育し、

買いたい気持ちを加速させ、販売力を高めて成約率をアップさせる。

この3段階に分かれます。

 

・集客

・教育

・販売

 

 

 

メルマガアフィリエイトでDRMを適用し商品を販売していく流れは、

「集客してメルマガリストを集めて、メルマガ内で役立つ情報を発信して

信頼関係を構築し、セールスを仕掛けていく」

 

こんな流れになります。

 

 

集客

 

まず集客でメインに使っていくのがブログです。

ブログのテーマに沿った読者さんの役に立つ良質な記事を投稿していき、

自分の情報発信テーマに興味のある層、

興味を持つ可能性がある層を引き込んでいきます。

 

 

ある程度、アクセスが集まりだすのは3ヶ月以降ですので、

それまでは、毎日のように良質な記事を投稿し、

アクセスの窓口を増やしていく必要があります。

 

最低でも50~100記事はブログに記事を積んでいかないと

アクセスが集まりにくいですし、

読者さんからの信頼も得られずメルマガ登録もしてもらえません。

 

 

たとえば・・・

 

ブログX:記事数15記事、1記事あたり1000文字程度

ブログZ:記事数100記事、1記事あたり4000文字程度

 

 

どちらのブログが信頼できると感じるかは、言うまでもないですよね。

 

そして記事の内容を見て「役に立った」と感じてくれた読者さんは、

他の記事も読んでくれる傾向が強いので、

そこでブログ内にたくさんの役立つ記事があると知ってもらえれば、

あなたに興味を持ってもらえる可能性も高まります。

 

 

そうしてブログ内で徐々に信頼してもらうことで

「メルマガに登録してみようかな?」という気持ちを呼び起こさせ、

メルマガリストを獲得することができるわけですね。

 

 

ですから、

まず集客とリスト獲得のためにブログに良質な記事を投稿していくことを目標としていきましょう。

 

 

教育


私自身、教育という表現はあまり好きではないですが、

 

「読者さんの価値観を切り替えて自分のことを信用してもらう」

 

ことが目的のステップとなります。

 

 

DRMの中ではこの「教育」の部分が最も重要視されるといっても過言ではありません。

 

 

なぜなら教育の部分さえしっかり整っていれば、

読者さんの価値観を切り替え自分のことを信用してもらえる、

 

つまり読者さんを自分のファンにすることが可能なので

「この人がオススメする商品なら大丈夫」

と思ってもらえるからです。

 

読者さんが自分のファンになってくれれば、

商品をオススメした時に購入してくれるハードルが一気に下がるので、

集客力や販売力がちょっと悪くても商品が売れてくれるんですね。

 

 

例えば知らない人からメールがきて、

「月100万円稼げる方法ありますけど、知りたくないですか?」

とか言われても、まず信じませんよね?

 

 

しかし、その人が多くの人を稼がせてきたコンサルタントで、

なおかつブログ内のコンテンツも信頼できるレベルだということを知っていたとしたら

興味を持って話だけでも聞きたくなるんじゃないでしょうか。

 

 

教育のステップでは自分が怪しくない人間であることを理解してもらう、

つまり、役立つ情報と共に自分の思考や経験を語ることで、

読者さんに信頼してもらいファンを作っていくことがポイントとなります。

 

 

ブログやメルマガで「アフィリエイトで稼ぐ方法」をテーマとしているのであれば、

メルマガ内でアフィリエイトで稼ぐ方法について、役立つ情報を何日かに分けて発信し、

徐々に信頼関係を構築していくというわけですね。

 

 

 

販売


集客を行なって、メルマガで読者さんの教育が完了したら、

あとは商品をセールスするだけです。

 

 

教育によって信頼関係が構築できているなら

オススメ商材を紹介するだけでお客さんが集まり購入してくれるというわけです。

 

 

教育がしっかりできていれば、高額な商品やサービスを売ることができます。

もちろん価値ある商品・サービスである前提ですよ。

 

 

逆に価格に見合った商品を用意しないと、折角築き上げた信頼が崩れますので、

オススメ商品や商品作りは入念に行なう必要があります。

 

 

しかし一度読者さんの満足いく商品を作り上げることが出来れば、

メルマガリストを集めて読者さんを教育して購入してもらえるという流れを作れるので、

個人で月収100万円というレベルも不可能ではないというわけですね。

 

 

 

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のまとめ


DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは何なのか?

また、アフィリエイトへの活かし方についてお話ししてきました。

 

 

これを読んでいただけたということは、すでにあなたはDRMが、

個人アフィリエイターにとって最適なマーケティング手法だと理解できているでしょう。

 

 

特に、ブログとメルマガをかけ合わせたDRM手法は非常に強力となります。

 

 

集客に力を入れて、そこで集めた読者さんを教育していって、

アンケートを取って反応を見て修正していく。

 

そうしていくこと(リサーチ)で読者さんがどんな商材やサービスを求めているのか

更に理解できるようになり、売れる商品を提案して稼いでいくことが可能になるというわけですね。

 

メルマガリストは一気に集めていくものではないので、

メルマガアフィリエイトや情報商材アフィリエイトに取り組む場合は、

ブログを開設したタイミングでメルマガ登録用フォームを設置しておくことをオススメします。

 

それと同時にメルマガ登録用のランディングページなども設置しておくといいですね。

 

以上です。参考になれば幸いです。

 

 

P.S.

 

まろすけが教える「無料」メール特別講座へ登録いただければ

もれなく、

「アフィリエイトスタートマニュアル」

をプレゼントしてます!   

 

 

◆主なアフィリエイトスタートマニュアルの内容◆

・そもそも、アフィリエイトとは?
・アフィリエイトで稼げる金額とは?
・アフィリエイトの種類とは?
・少ないアクセスで大きく「稼げる商品」
・効率よく稼げるアフィリエイト手法とは?
・情報商材の特徴とは?
・初心者でも確実に数万円稼ぐことができる、
 簡単なアフィリエイト手法とは?とは
・アフィリエイトで稼ぎやすい分野とは?
・報酬発生までの流れとは?
・実際に報酬を得るためにやるべきこととは?
・アフィリエイトで稼ぐために一番大切なこととは?

 

などです。

 

副業・専業問わず、これからアフィリエイトを始めようと思われてるあなたには

是非この「アフィリエイトスタートマニュアル」手に入れ、

アフィリエイトで稼ぐために必要な知識を身につけていただきたいと思います。

これがあれば、私のメール講座がより理解しやすくなり、

きっと短期間で報酬が得られるはずです。    

 

既にアフィリエイトを実践されてる方も

どうすれば右肩上がりに報酬を伸ばせるアフィリエイターになれるのか?

効率的にその方法を知りたい方は、、、

へご登録ください。一緒に稼いでいきましょう!

それでは、ご登録お待ちしております。