まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

これから副業でアフィリエイトを始めるにはもう遅い?

どうも、まろすけです。

 

 

これから副業を始めるにあたり、アフィリエイトに興味をお持ちの方も

多いのではないでしょうか?

 

 

ただ、既にたくさんのアフィリエイターがいて、

 

「これから始めたとしても、後発組だし、遅いのかな?」

 

と悩まれてる方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

f:id:tmarosuke:20190107212955j:plain

 

 

今回は、その点についてお話ししていきます。

 

 

これから副業でアフィリエイトを始めるにはもう遅い?

そもそも、

 

「アフィリエイトってどんなビジネスなのか?」

「アフィリエイトは世の中にどんな価値を提供するビジネスなのか?」

 

という根本的な点について、お話しします。

 

アフィリエイトという言葉の世間的なイメージとしては、

どちらかというと怪しい、なんだかネガティブなイメージを

抱く人の方が多いかもしれませんね。

 

確かに、一部のアフィリエイターはモラルに反するような手法で

高額な報酬を手にしてる人もいるのは事実です。

 

あの、

「コピペだけで〇〇万稼げます」

「一日30分で月〇〇万の稼ぎ方」

 

とか謳ってる楽して儲かる系のものとかですね。

 

 

しかし、世の中には、しっかり価値を提供することを意識している

アフィリエイターが多いことも事実なのです。

 

そもそも全てのアフィリエイターがモラルに反しているとしたら

今頃、ビジネスとして生き残っていないでしょう。

 

 

つまり、アフィリエイト自体に良し悪しは無くて、

アフィリエイトのやり方次第で良し悪しが決まるということですね。

 

 

アフィリエイターが世の中に提供している価値とは?

アフィリエイトとは、他社商品の集客と販売を代行するビジネスですから、

本質的には「営業代行業」であり「広告代理業」といえます。

 


たとえば、広告代理業といえば、電通、博報堂、サイバーエージェントなどです。

 

 

そんな広告代理店は他社をクライアントに抱えて、

商品のプロモーションやブランディングを専門として、

まさに商品やサービスを「広く告知すること」が仕事です。

 

 

他社商品や他社サービスに集客をし、

プロモーションやブランディングを手伝うという意味でいうと、

 

アフィリエイターの仕事って、本質的には電通とかと同じで、

「小さな広告代理店」と考えて問題ないと思ってます。

 

 

おそらく、アフィリエイターの大半は、

「自分は小さな広告代理店です」

という意識を持って取り組んでいるとは思いませんが、

 

 

間違いなくアフィリエイターが取り組んでいることは、

まさに「広告代理店」の側面があるのです。

 

 

アフィリエイターはそれぞれが、

「ネット系の小さな広告代理店」

と考えたら、広告代理店は、今後も無くなることはないと考えるべきでしょう。

 

 

なぜなら、

商品やサービスを広告する仕事や、

商品やサービスに集客したりセールスする仕事は、

永遠に無くならないからです。

 

 

こういった視点でアフィリエイトを考えたら、

スマホやパソコンで情報収集し、情報を取捨選択するという、

現在の生活スタイルが大きく変わらない限り、

アフィリエイトが廃れるどころか拡大していくと私は思ってます。

 

 

アフィリエイトにこれから参入するにはもう遅い?

 

これから副業や本業としてアフィリエイトを始める方にとって、

おそらく不安に感じている点は、

 

「今からアフィリエイトに参入しても遅くないのか?」

 

という点だと思います。

 

 

しかし、ここまで説明してきた通り、

アフィリエイターって「職種」なのです。

 

確かに、アクセス(集客)アップのノウハウや、

成約率を高めるテクニックなどには、流行り廃れはあります。

 

 

しかし、それはアフィリエイトに限らず、どの業界でも同じといえます。

 

たとえば、飲食店であれば、

「とにかく大盛りにすればSNSで拡散される」

というような方法も流行ってましたよね?

 

 

しかし、多くの飲食店がそのやり方を真似し始めた途端、

効果は薄れていきます。

 

 

真似のしやすいテクニック的な部分では、

どうしても流行り廃れがあることはどの業界でも同じなのです。

 

 

とは言え、「飲食店」「病院」「スーパー」など、

そのものは世の中に必要とされているのと同じように、

「アフィリエイター」そのものは需要があります。

 

 

アフィリエイト広告は、10年以上も前のインターネット黎明期に登場しましたので、

 

「もう遅い」

 

と感じる方もいるかもしれません。

 

 

しかし、古くからあるからといって、

効果が高いか低いか?という点にあまり関係がありません。

 

むしろアフィリエイト広告は、

広告主にとっては合理的でメリットが大きいからこそ、

今もまだ残っているという見方もできるはずです。

 

 

それこそ検索エンジンや電子メールは20年以上も前に登場しましたが、

検索エンジンやメールは使われ続けてますよ。

 

 

また、新たに出てきたSNSなどのウェブサービスの方が、

パッと勢いよく登場しては、いつの間にか消えていくことが多いです。

 

 

つまり、

「新しいもの」を探すことよりも、

「これからも需要がありそうな職種」を長期的に考えて、

その職種の中で新しいテクニックやノウハウを取り入れていくということのほうが

重要ではないかと私は思ってます。

 

 

そして、そのひとつが「アフィリエイト」なのです。

 

 

「何かを頑張ってみたいけど、

 どこに自分の時間や労力を投下したら良いかわからない。」

 

「何かを頑張ってみたいけど、

 色々と選択肢が多すぎて選べない。」

 

そんな悩みがあるのであれば、

今日から「アフィリエイト」に注力してみてはいかがでしょうか。

 

 

P.S.
どうすれば右肩上がりに報酬を伸ばせるアフィリエイターになれるのか?

効率的にその方法を知りたい方は、、、

へご登録ください。お待ちしております。