まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

Googleから上位表示を勝ち取る、究極的なSEO対策

まろすけです。

 

今回は、「SEO対策」についてお話ししましょう。

 

特にSEO対策に関して本質を理解し、実践できているかで

アクセス結果の質と量ともに大きく変わってきますので

集中して読んでくださいね。

 

 

 

SEO対策とは何か?

 

f:id:tmarosuke:20181229165643j:plain

 

ローマ字3文字で

「何だか難しそうだな~」

と感じる方もおられるかもしれませんが

 

意外と、その定義自体はシンプルです。

 

 

「SEO対策」

=検索結果のトップ1ページ目に、
自分の記事コンテンツを「上位表示」させるための対策

 

あなたも普段、GoogleやYahoo!などの検索ウィンドウに、

キーワード入力して検索してますよね。

 

 

その1ページ目に出てきた10個の上位表示サイトは、

多くの閲覧者たちの目に触れますので、

大量のアクセスにつながるということです。

 

 

2ページ、3ページ目のサイトには、

そこまで目を通す人達は少なくなるため、

あまりアクセスが集まらないと言えます。

 

 

あなたも、よほど情報に飢えていない限り、

1ページ目のサイトのみで情報収集を終えたりしませんか。

 

 

統計のデータでは、1ページ目の上位サイトだけで、

合計50%以上のクリック率を占有しているそうです。

 

 

つまり、トップ1ページ目に上位表示されるか否かで、

大量のアクセスが獲得できるかが決まるので、

自ずと、その結果を左右する「SEO対策」が重要となるのです。

 

 

では、その『SEO対策』における具体的な方法は何なのか?

 

どうすれば「上位表示」を勝ち取れるのか?

 

 

その方法を一言でいうならば、

究極的な『SEO対策』=「Google先生と仲良くなる事」

 

になりますね。

 

Google先生と仲良くなれば

自然とあなたのブログ記事は上位表示されていきます。

 

 

これは断言しますよ。ホントに。

 

 

 

Google先生と仲良くなる事とは、

 

・「この記事は良かった!」とユーザーを満足させる良質なコンテンツ提供

・「もっと読んでみたい!」とユーザーを楽しませる良質なコンテンツ提供

・「この記事は参考になる!」とユーザーの役に立つ良質なコンテンツ提供

 

このような検索ユーザーの利になる記事コンテンツを作っていく事を指しますが、

 

そもそも、実際にGoogle先生が掲げている「10の事実」の中には、

 

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

「ウェブ上の民主主義は機能します。」

「世の中にはまだまだ情報があふれている。」

 

こういったユーザーファーストの理念が掲げられており、

まとめてこれらを集約してしまえば、

 

「検索ユーザーの利益になる良質なコンテンツを届けていく」

 

Google先生はこの一点に焦点を定めた検索エンジンの精密化を図っているため、

私達もその流れに乗るような記事コンテンツを作っていけば、

自ずと確実に「上位表示」を勝ち取っていけるようになるんです。

 

つまり、

 

良質なコンテンツ=ユーザーの高い満足感=上位表示

 

この等式に他ならないという事ですね。

 

しかも、この「コンテンツ至上主義」の流れは今後更に強まっていきます。

 

というのは、嫌でもYahoo!の検索エンジンが、

Google先生の検索システムを採用せざるを得なくなってしまったように、

 

現在のGoogle先生は最先端の人工知能、驚異的なAI技術を用いて、

検索エンジンのクオリティを徹底的に研ぎ澄まし続けているからです。

 

今のAIって、かなりエグいレベルにまで進化してますよね?

 

囲碁とかチェスなんかでは、もう人間を打ち負かすレベルにまで・・・

 

そのうち人間のお仕事の全てがAIに奪われるなんて話も浮上してますから、

超高性能のAIをGoogle先生の検索エンジンに使われてしまえば、

質の低い害悪サイトなんか一気に淘汰されてしまうはずです。

(もう完全に淘汰されつつありますが。。。)

 

 

ですので、昔流行った人為的な被リンク大量獲得などの手法は既にもう廃れつつあるため、

 

そんな小手先の『SEO対策』に拘るのではなく、

 

・「この記事は良かった!」とユーザーを満足させる良質なコンテンツ提供

・「もっと読んでみたい!」とユーザーを楽しませる良質なコンテンツ提供

・「この記事は参考になる!」とユーザーの役に立つ良質なコンテンツ提供

 

 

こういったGoogleの理念に真っ向勝負を仕掛けていく事が望ましいわけですね。

 

 

上位表示の「指標、基準、ロジック」

 

究極的な「SEO対策」とは、

ユーザーにとって価値のある有益なコンテンツを提供していく事。

 

とはいえ、いくら高性能な人工知能がそれを判別すると言った所で、

まだ所詮「ロボット」なわけですから、

一応、上位表示のための「指標、基準、ロジック」みたいなものはあります。

 

それは、

 

・訪問者のサイト内の滞在時間

・訪問者のサイト内の巡回率

・ナチュラルな被リンク数

 

主に、GoogleのAIクローラーは上記3つを上位表示の指標にしているとされています。

 

それぞれを簡単に説明してみますと、

 

・訪問者のサイト内の滞在時間

→どの程度、そのサイトのコンテンツに惹きつけられたか

 

・訪問者のサイト内の巡回率

→どの程度、そのサイトの中を見て回ったか

 

・ナチュラルな被リンク数

→どの程度、他の外部サイトから推薦されたか

 

このように言い表せますが、

これは言ってしまえば、

 

・「この記事は良かった!」とユーザーを満足させる良質なコンテンツ提供

→訪問者のサイト内の滞在時間が長い

→魅力的に惹き付けられる程の良質なコンテンツ

 

・「もっと読んでみたい!」とユーザーを楽しませる良質なコンテンツ提供

→訪問者のサイト内の巡回率が高い

→幾度もそのサイト内を見て回りたい程の良質なコンテンツ

 

・「この記事は参考になる!」とユーザーに役立つ良質なコンテンツ提供

→ナチュラルな被リンク数が多い

→多くの外部サイト達から推薦される程の良質なコンテンツ

 

このように、あくまでコンテンツの良し悪しは、

関連して上記3つの「指標、基準、ロジック」で表せるわけです。

 

ですので、自分の作ったコンテンツが本当に価値のあるものなのかが疑わしい際は、

是非、上記3つの「指標、基準、ロジック」を参考にしていって下さい。

 

 

生死を分ける「キーワード選定」

 

いかにユーザーにとって良質なコンテンツを届けられるか。

 

これが今回、最も言いたい主題だったわけですが、

実は、それに先立って絶対に考慮しなければならない点が存在するんです。

 

 

それは、「キーワード選定」という要素。

 

 

もし、この「キーワード選定」を全く疎かにした状態で、

全神経を注いだ渾身のコンテンツが出来上がったとしても、

おそらく、それは永遠に実を結ぶことはありません。

 

何故なら、明後日の方向を向いた「キーワード選定」では、

どんなにそのキーワードに関する素晴らしいブログ記事を更新しまくったとしても、

そのコンテンツは多くの強力なライバル達の中に埋もれてしまい、

うんともすんとも上位表示されないなんて事態に陥ってしまう恐れがあるからです。

 

少し考えてみて下さい。

 

 

「Yahoo!」

 

この単一のキーワードだけをタイトルにした上で、

それに関するコンテンツで上位表示できると思いますか?

 

 

だって、そんな単一のビッグキーワードには、

たくさんのライバル達でひしめいているんですから。

 

 

そんな労力を強いられるくらいなら、

 

「Google 初心者 使い方」

「Yahoo! メール やり方」

「Amazon 便利 使い方」

 

こんな風に幾つかキーワードを組み合わせた「複合キーワード」をタイトルにして、

それに関したコンテンツを作り込んでいく方がよっぽど効率的なはずです。

 

少なくとも、単体のキーワードよりはライバルの数が格段に減りますからね。

 

ただ、そんな「複合キーワード」であっても、

やはり、それなりの数のライバルは存在していますから、

 

その「複合キーワード」の中でも特にライバルが少ない(且つ莫大な検索需要もある)

「ブルーオーシャン・キーワード」を狙っていくのが理想的なんです。

 

ライバルが少ない上にたくさん検索されているキーワードなんですから、

その「ブルーオーシャン・キーワード」に関する記事を書いていけば、

大量のアクセスが集まらないはずがありません。

 

 

まさにウマすぎるキーワード・・・。

 

ですので、次回はそんな「ブルーオーシャン・キーワード」を発掘していくための、
具体的なノウハウについて講義していきます。

 

 

では、今回のおさらいです。

 

 

マーケティングスキルを高め、
大量の濃密な見込み客を集めていくためには、
以下の『SEO対策』のクリアが必須である。

 

『SEO対策』

=検索結果のトップ1ページ目に、
自分の記事コンテンツを「上位表示」させるための対策

 

その「上位表示」のための究極的な術としては、
「Google先生と仲良くなる事」、

 

すなわち、

 

・「この記事は良かった!」とユーザーを満足させる良質なコンテンツ提供

・「もっと読んでみたい!」とユーザーを楽しませる良質なコンテンツ提供

・「この記事は参考になる!」とユーザーの役に立つ良質なコンテンツ提供

 

こういったGoogleのユーザーファーストの理念に沿った、
「検索ユーザーの利益になる良質なコンテンツを届けていく」事がその本質であるため、

 

良質なコンテンツ=ユーザーの高い満足感=上位表示

 

このような等式化が可能である。

 

また、上位表示に値するコンテンツか否かは、
以下の「指標、基準、ロジック」を元に判断される。

 

・訪問者のサイト内の滞在時間

→どの程度、そのサイトのコンテンツに惹きつけられたか

 

・訪問者のサイト内の巡回率

→どの程度、そのサイトの中を見て回ったか

 

・ナチュラルな被リンク数

→どの程度、他の外部サイトから推薦されたか

 

ちなみに、これらは以下のように先の3つの要素と連関して繋がっている。

 

・「この記事は良かった!」とユーザーを満足させる良質なコンテンツ提供

→訪問者のサイト内の滞在時間が長い

→魅力的に惹き付けられる程の良質なコンテンツ

 

・「もっと読んでみたい!」とユーザーを楽しませる良質なコンテンツ提供

→訪問者のサイト内の巡回率が高い

→幾度もそのサイト内を見て回りたい程の良質なコンテンツ

 

・「この記事は参考になる!」とユーザーに役立つ良質なコンテンツ提供

→ナチュラルな被リンク数が多い

→多くの外部サイト達から推薦される程の良質なコンテンツ

 

そして、その本質的な大原則に先立って重要となってくるステップが、
ライバルとの競合が少ない且つ莫大な検索需要を備えた

 

「ブルーオーシャン・キーワード」

 

これを発掘するための「キーワード選定」に他ならない。

 

以上です。

 

まろすけ

 

当ブログでは各種講座を公開しておりますので

ぜひご覧ください。

ブログ講座一覧

 

 

また、ブログで公開している情報量も多くなり

すべて目を通すこともなかなか大変だと思います。

 

 

もっと効率的に学びたいあなたへ

 

ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを

私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

ぜひ最低限必要なことを効率的に学べ、秘匿性の高いノウハウも同時に学べる

「まろすけが教える無料メール特別講座」へご登録ください。

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますのでぜひご登録下さい。

それではメルマガでお会いしましょう。

 

⇒まろすけが教える「無料」メール特別講座のご登録はこちらから