まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

文章で読み手の反応を良くするために大切なことは?

まろすけです。

 

今回は、価値ある良質なコンテンツの作り方でお話しした、

 

『コピーライティング』

=「誰に書くか(WHO)」

=「何を書くか(WHAT)」

=「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」

=「どのように書くか(HOW)」

 

 

上記4つのうち、

 

 

「誰に書くか?(WHO)」

 

に特化したコピーライティング講座になります。

 

文章で読み手の反応を良くするために大切なことは?

 

正直、この「誰に?」という部分をはっきりさせるだけで

ある程度、そのコンテンツの反応は変わってきます。

 

・投資に興味がある人には、株・不動産・FXなどの投資関連の情報

・美容に興味がある人にはサプリメント関連の情報

・ネットビジネスに興味がある人にはネットビジネス関連の情報

 

 

上記のように、明らかな的外れなターゲット設定でない限りは、

少なからず興味を抱いてくれる傾向にあり、

あなたが文章を書く際にも、迷いなくペンが進みやすくなるからです。

 

 

ですが、そういった基本的な部分はもちろんですが、

それに先立つ更に根本的な原則的視点を抑えていかなければなりません。

 

 

それは、文章を書く際の

「プレゼンテーションのイメージ」というものです。

 

 

これが意識できているか否かで、

あなたの文章は大きく変わってきます。

是非、集中してお聞きくださいね。

 

 

 

プレゼンテーションイメージ

まずは想像してみてください。

 

・・・あなたは、とある分野のセミナー講師です。

 

これから、あなたは国際会議場並みに大きなセミナー会場で、

約1万人以上の不特定多数の人たちに向かい熱弁を振るわねばなりません。

 

少々緊張した面持ちのようですね。

 

いよいよ、あなたが壇上に上がる時間が来てしまいました。

 

大きな拍手で迎えられるなか、ゆっくりと壇上へと上っていきます。

 

壇上に立ち、震える唇の動きを抑え、そこから発される言葉は・・・・・

 

 

f:id:tmarosuke:20181228130425j:plain

 

・・・どうでしたか?

 

このイメージこそ、実際に文章を書いていく際の理想的な姿勢なのです。

 

現に、このインターネットという世界には、

数え切れない程多くのユーザーが存在しており、

 

当然ながら、その莫大な数のユーザー達が、

一斉にあなたのブログにくる可能性も秘めているからです。

 

何万人もの不特定多数の人間達を相手にしたプレゼンテーション講義。

 

このイメージを鮮明に描いた状態で、

一つ一つ丁寧かつ慎重に言葉を選び出しつつ、

日々のコンテンツ作りに精進していくべきという事です。

 

ただ、大半のアフィリエイターは、

「パソコンの奥にいる不特定多数の人達」を上手くイメージできていないために、

彼らから望ましい反応を獲得する事が出来ていないのが現状です。

 

 

ですので、その不特定多数の人たちから然るべき行動を取ってもらうためにも、

「3種類の人間像」を想定した文章を書いていく事をオススメします。

 

これら3種類の人間像に向けた文章は、

その不特定多数の中でも大半以上に共通して反応するものですので、

全ての不特定多数の人達を訴求できるはずです。

 

小学校6年生

 

f:id:tmarosuke:20181228142209j:plain

 

「高学年の児童生徒」に向けた文章を書こうとする事によって、
自然とその文章は以下のように分かり易く、読み易い文章になるはずだからです。

 

・難しい言葉が少ない分かり易い文章

・具体例を活用したイメージの湧く文章

・高い知識や教養がなくとも理解できる文章

 

上記のような文章は、高学年の児童だけでなく、

大人を含む万人にも効果的な文章になりますから、

自ずと不特定多数の人達にもウケる文章になります。

 

多くの人達は自分が賢い人間と見られたいからなのか、

四文字熟語や小難しい言葉を使いたがる傾向にありますが、

 

普段馴染みのない言葉や表現は、

知識レベルの低い層からの反応を落としてしまう恐れがあります。

 

「慇懃無礼」

あまりに丁寧すぎると、かえって嫌味で誠意が感じられなくなるさま。

 

「不撓不屈」

強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけないさま。

 

例であげたような四文字熟語を使わないようにする、

つまり、小学生どころか大多数の人達が知らない難しい言葉や表現は控え、

出来るだけ分かり易い文章を書いていくようにして下さい。

 

 

2ちゃんねらー

f:id:tmarosuke:20181228143244p:plain

彼らにとって少しでも気に食わない穴が見つかった場合は、

たとえどんなに小さな穴であっても、徹底的にその穴を突いて叩いてきます。

このことをイメージすると、、、

 

・説得力のある論理的な文章

・筋の通った一貫性のある文章

・客観的な根拠やデータに裏打ちされた文章

 

を書くことが求められますね。

 

実際、「2ちゃんねらー」は何でも疑って見てかかる習性があるため、

 

「ソースは?(根拠は?)」

「ハイ、論破www」

 

と穴を突いて叩いてくるため、

それに対抗すべく、、、 

こちらはその悪質な習性を見抜いた上で、

何としてでも論破されない完全論理武装の文章を書くように

努めていけば良いのです。

 

その具体的な方法としては、

 

・主張の後には整合性の取れた根拠を示す

・誰が聞いても納得せざるを得ない理論を重ねる

・偉人や有名人の名言、特定分野の第一人者の証言で権威付ける

 

是非、活用してくださいね。

 

大切な人

 

f:id:tmarosuke:20181228153855j:plain



 

最後は、あなたの大切な人、

 

・恋人

・家族

・親友

・アイドル

 

など、あなたが心から愛する人たちに向けて文章を書いてみて下さい。

 

そうする事で、以下のような、

より読み手の心に響く文章が書けるようになるからです。

 

・読み手の悩みに寄り添った優しい文章

・読み手の願望を解決する事に努めた文章

・読み手の心理に突き刺さる訴求性の高い文章

 

実際、

今私は死ぬほど愛している人に向けて書いてます(笑)

 

「この言葉だったら興味を持ってくれるかな?」

「この言い方だと信用してもらえないかな?」

「この文章なら買ってもらえるかな?」

 

こんな感じで、自分の大切な人をイメージする事で、

常に読み手の気持ちを洞察しながら文章を書く事が可能になるんです。

 

少なくとも、それで全く反応の取れない文章になるはずがありません。

 

こんなイメージで文章を書いていって下さい。

 

・・・以上、3種類の人物像を挙げながら、

不特定多数の人間達を反応させていく方法を挙げていきました。

 

以上です。

 

まろすけ

 

当ブログでは各種講座を公開しておりますので

ぜひご覧ください。

ブログ講座一覧

 

 

また、ブログで公開している情報量も多くなり

すべて目を通すこともなかなか大変だと思います。

 

 

もっと効率的に学びたいあなたへ

 

ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを

私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

ぜひ最低限必要なことを効率的に学べ、秘匿性の高いノウハウも同時に学べる

「まろすけが教える無料メール特別講座」へご登録ください。

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますのでぜひご登録下さい。

それではメルマガでお会いしましょう。

 

⇒まろすけが教える「無料」メール特別講座のご登録はこちらから