まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

価値ある良質なコンテンツの作り方

まろすけです。

 

 

今回は、『価値ある良質なコンテンツの作り方』について講義していきます。

 

f:id:tmarosuke:20181229172556j:plain

 

 

昨今、「コンテンツSEO」というワードが台頭しているように、

Googleから上位表示を勝ち取っていくためには、

記事コンテンツの質とクオリティが重要視されてきています。

 

 

実際にも、Googleは幾度も不定期的に、

その意図を汲んだコンテンツ重視のアップデート行なっているため、

 

 

巷では、

 

「急にアクセスが落ちた・・・」

 

といった体験を経ている方々も多く存在しているようです。

 

 

また、そもそも論として、

 

 

お金を支払ってくれる「読み手」にとって、

彼らに何らかのアクションを直接的に促すのは、

やはり、記事コンテンツそのものになりますから

 

 

「コンテンツの質」こそが全ての鍵を握っている

 

こう捉えて頂いて構いません。

 

より正確に言えば、

 

 

・見込み客の集客(アクセス)

・メルマガ登録(オプトイン)

・読者教育(ブランディング)

・商品販売(セールス)

 

 

上記DRMにおける4つ全てのステップに対して、

それを目的とする「コンテンツの質」が最重要であるという事です。

 

 

ですので、今回はその「コンテンツの質」

を高めるための原則についてお話したいと思います。

 

 

価値ある良質なコンテンツの作り方

やっぱり、あれですよ!

まず、根本的な部分で「コンテンツの質」の9割方を左右する要素は何でしょうか?

 

 

洗練されたデザイン?

オリジナリティ溢れる背景?

スタイリッシュな見栄え?

 

 

どれもある程度は重要な要素だとは思いますが、

あくまでそれらは二次的なものにしか過ぎません。

 

根本的な部分で最もその「コンテンツの質」を左右するのは、

「文章(文字)」の然るべき扱い方、

それによって、いかにして読み手から望ましい「反応」を引き出していくか

 

 

言うなれば、

 

 

『コピーライティング』

(=読み手、ターゲットに対しての深い「理解」と「洞察」をなした上で、

「文章(文字)」を用いて然るべき「反応」を引き出していくスキル)

 

 

このスキルこそが根本的なコンテンツの質、

そのクオリティを決定付ける要因に他ならないからです。

 

少し、考えてみて下さい。

 

 

あなたは見た目や第一印象だけで、

その人の全てを判断しますか?

 

 

きっと、何回かその人と直接「言葉」を交わして初めて、

「この人はこんな人間なんだな」といった確かな印象を持つはずです。

 

 

どんなにイケメンや美人な人でも

失礼な態度で面白くもない会話をしてきたら

第一印象はガラガラと崩れ落ちていきますよね。

 

 

実はこれ、インターネット上のブログやサイト、

そこに存在するコンテンツでも同じ事が言えるんです。

 

 

どんなに見栄えの良いブログであっても、

どんなにスタイリッシュなサイトであっても、

 

 

そこにあるコンテンツの質が低ければ、

すぐに読み手はそこから離れていきます。

 

 

誰一人、質の低いコンテンツなど求めてはいないからです。

 

 

そして、そのコンテンツが低いか否かは、

そこに書かれている情報のクオリティ、

 

 

つまり、いかに「文章(文字)」で読み手の興味を惹きつけているか、

いかに、それらで満足感を引き出していけるかが決まってくるわけですね。

 

 

その役割が『コピーライティング』であるということ。

 

 

ですので、ここからは『コピーライティング』に焦点を定めて

読み手にとって価値ある良質なコンテンツを作る方法をお話していきます。

 

 

「4W1H」

『コピーライティング』

=読み手、ターゲットに対しての深い「理解」と「洞察」をなした上で、

「文章(文字)」を用いて然るべき「反応」を引き出していくスキル

 

 

そもそも、『コピーライティング』における、

本質的かつ根本的な定義は上記のように言い表せますが、

 

 

 

更にこれを具体的に細分化してみると、

 

『コピーライティング』

=「誰に書くか(WHO)」

=「何を書くか(WHAT)」

=「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」

=「どのように書くか(HOW)」

 

このように、落とし込めます。

 

読み手から満足感を引き出し、

メルマガ登録や商品購入へと導くためには、

上記の4要素をクリアしていく必要があるからです。

 

 

「誰に書くか(WHO)」が不明確であれば、

投資に興味がある人に対して美容のサプリを勧めてしまったり、

アフィリエイトで稼ぎたい人にマンション投資をすすめていたり、

 

 

想定するターゲット像が曖昧のままでは、

読み手となる人間の心に訴求する文章を届けられないため、

必然的に大きく反応を落としてしまいます。

 

 

これはあなたにも理解いただけますよね。

 

「何を書くか(WHAT)」という部分においても、

読み手にとって価値の感じられない低質な情報や

全く面白みに欠ける魅力ないありきたりな内容でもダメです。

 

 

やはり、そこには自分なりのオリジナリティ溢れる情報がなければ、

ライバルとの差別化が図れないですね。

 

 

また仮に上記2つの要素をクリアしたとしても、
「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」という部分が疎かであれば、

 

 

読み手の心理の流れに沿った文章が展開できないために、

読んでいる途中で飽きて離脱される恐れがありますので、

しっかりと読み手の心に響き続ける文章を書いていく必要があります。

 

そして最後、上記3つに先立つ以下の要素、
「どのように書くか(HOW)」という部分が根本的に不十分あれば、

 

 

 

基本的な文章の基礎原則、WEB上の原則的な文章ルール、

これらがクリアできなかったら

「何を言っているのかが全く分からない」という事態を招く恐れがあります。

 

 

ですので、良質なコンテンツを作るために、

『コピーライティング』を活用していくには、

 

 

1.「誰に書くか(WHO)」

2.「何を書くか(WHAT)」

3.「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」

4.「どのように書くか(HOW)」

 

 

これら4つの要素を満たした文章、情報を発信していく必要があるのです。

 

では、これから上記4つの要素について詳しく解説していきますが、

その前にもう一つ、上記4つの基盤となる重要な要素について言及させて下さい。

 

 

 

もう一つ重要なW

 

そのもう一つの要素とは、

 

「なぜ?(WHY)」

 

ですね。

 

実はこれ、先程の4つの要素全ての質を底上げしてくれる、

大変重要なステップになるのです。

 

 

例えば、「誰に書くか(WHO)」という部分においては、

 

 

「なぜ、この読み手をターゲットにするのか?」

「なぜ、その読み手をターゲットにしなければならないのか?」

「なぜ、ターゲットはその読み手なのか?」

 

 

このように、ターゲットを決める際の意識が強化されますし、

 

「何を書くか(WHAT)」という部分においても、

 

「なぜ、その文章を書くのか?」

「なぜ、その情報を提供しなければならないのか?」

「なぜ、その内容が適切なのか?」

 

 

このような、ターゲットに伝えていくべき情報の取捨選択の力も強化されます。

 

 

以下同様に、

 

「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」という部分においても、

 

「なぜ、この順序構成なのか?」

「なぜ、ここでこの話を持ってきたのか?」

「なぜ、この流れで展開したのか?」

 

 

このように、読み手の心理の流れを汲み読んでいく力の強化への直結、

 

 

最後に、「どのように書くか(HOW)」においても、

 

「なぜ、この言い回しで書いたのか?」

「なぜ、この文法や口調なのか?」

「なぜ、ここで句読点を入れたのか?」

 

 

このような、文章の基礎原則への理解も深まります。

 

 

要するに、それぞれ4つの要素に「なぜ?(WHY)」を適用していく事で、

これら4つの要素が強化される事に直結していくため、

自ずと、コピーライテイングスキルも研ぎ澄まされていき、

結果的に、コンテンツの質も向上していくという事です。

 

 

また、この「なぜ(WHY)」という要素は、

「主張に対する理由付け」で自説の説得力への向上はもちろん

 

 

普段からこのWHY思考を持ち続けていく事で、

 

「なぜ、今この行動を取っているのか?」

「なぜ、今その行動は取っていないのか?」

「なぜ、この決断を選択したのか?」

 

 

こういった自分への問いかけによって、

日々のモチベーション管理にも繋がると思います。

 

 

まぁ、これを良い意味でこじらせちゃうと、

 

「なぜ、私はここに存在しているのか?」

「なぜ、私は生きているのか?」

 

 

みたいに、哲学的な思考で頭が一杯になってしまう恐れがありますので、
くれぐれも、やりすぎには注意して下さい ね。

 

 

少なくとも、この「なぜ(WHY)」という要素は、

コピーライティング力を高めていく事に繋がる事は間違いありませんので、

是非、上記4つの要素に上手く適用させて、その質を上げていって下さい。

 

 

ただ、その「なぜ(WHY)」という質問に対しては、

「なぜなら(BECAUSE)」という解答があって初めて効果を発揮しますから、

あらかじめ、その答えに繋がる材料を自分の中に持っていなければなりません。

 

 

ある程度、コピーライティングに関する知識がなければ、

いくら「なぜ?(WHY)」と何度も問いかけた所で、

然るべき解答である「なぜなら(BECAUSE)」は思い浮かばないという事です。

 

 

 

ですので、最低限、以下の教材レベルの内容くらいは頭に叩き込んでおいて下さい。

『The Million Writing』

 

 

 

 

少なくとも、この程度のコピーライティング知識がないようでは、

 

1.「誰に書くか(WHO)」

2.「何を書くか(WHAT)」

3.「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」

4.「どのように書くか(HOW)」

 

 

これら4つの要素における強化どころの話ではありませんので、

上記の教材等でコピーライティングの初歩の初歩を固めておくのが好ましいです。

 

では、おさらいしておきましょう。

 

 

総括

・見込み客の集客(アクセス)

・メルマガ登録(オプトイン)

・読者教育(ブランディング)

・商品販売(セールス)

 

上記4つのステップは「コンテンツの質」次第だが、

それは、「文章(文字)」の扱い方、

 

すなわち、

 

『コピーライティング』

=読み手、ターゲットに対しての深い「理解」と「洞察」をなした上で、

「文章(文字)」を用いて然るべき「反応」を引き出していくスキル

 

このスキル次第でコンテンツの質が決まってくる。

 

そして、上記の定義を具体的に細分化してみると、

 

『コピーライティング』

=「誰に書くか(WHO)」

=「何を書くか(WHAT)」

=「どの順序で書くか(WHEN&WHERE)」

=「どのように書くか(HOW)」

 

このような「4W1H」で言い表す事が可能である。

 

更に、「なぜ?(WHY)」によって上記4つの要素はもちろん、

「主張に対する根拠付け」による自説の説得力の向上や、

普段のモチベーション管理や頭の思考トレーニングなどに有効となる。

 

以上です。

 

まろすけ

 

当ブログでは各種講座を公開しておりますので

ぜひご覧ください。

ブログ講座一覧

 

 

また、ブログで公開している情報量も多くなり

すべて目を通すこともなかなか大変だと思います。

 

 

もっと効率的に学びたいあなたへ

 

ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを

私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

ぜひ最低限必要なことを効率的に学べ、秘匿性の高いノウハウも同時に学べる

「まろすけが教える無料メール特別講座」へご登録ください。

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますのでぜひご登録下さい。

それではメルマガでお会いしましょう。

 

⇒まろすけが教える「無料」メール特別講座のご登録はこちらから