まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

コピーライティングと文章スキルの骨組みになる5W1Hについて

まろすけです。

今回は「コピーライティングと文章の骨組みになる5W1Hについて」

についてのお話しましょう。

 

 

はじめに、、、

 

あなたは「5W1H」という言葉を知っていますか?

 

 

「5W1H」とは、

 

・WHO (誰が?)

・WHAT (何をした?)

・WHY (なぜ?その理由は?)

・WHEN (いつ?)

・WHERE (どこで?)

 

・HOW (どのようにしたのか?(具体的な行動))

 

 

 これらを総称して「5W1H」と呼ぶわけですが
実はこれ、コピーライティングと物凄く深い関係があるのです。

 

この「5W1H」を意識するかしないかで

あなた自身のコピーライティングの実力、

そして将来的な収入に圧倒的な差が出てくると言っても過言ではありません。

 

 

今回はその理由を紐解いていく共に、

「5W1H」をコピーライティングスキル上達への糸口にする方法も示していきます。

 

 

 

コピーライティングの厳密な定義から導く4つの要素

f:id:tmarosuke:20181229174840j:plain

 

 

別記事でも何度かお話してますが、、、

 

 

コピーライティング

=読み手から然るべき「反応」を引き出していく事を目的とした文章スキル

 

これがその根本的な定義に当たります。

 

 

そこで、この読者からの「反応」獲得を確実に成すために

更に上記の定義のコピーライティングを細分化してみると、

 

 

コピーライティング

=「誰が」「何をした」「どんな順序で」「どのように」伝えて反応を獲得していくか

 

 

これがその細分化したコピーライティングにおける
確実に「反応」を取っていくためのプロセスになります。

 

 

何故なら、

 

 

「誰が?」の部分、つまり狙うターゲット層が曖昧だったら

対象の読み手を特定できないため、高い訴求効果は生まれませんし、

(投資に興味がある人に美容のサプリを勧めても無駄ですよね)

 

 

「何をした?」の部分も明確にしていかないと

読み手の満足する内容が書けなくなる事は勿論、

最悪、根本的に支離滅裂な文章になってしまいます。

 

 

また、「順序構成」といった部分も適当にしてしまうと

読み手の心理の流れに沿った文章を展開する事が出来ないため

下手すれば読んでる途中で離脱といった事態にもなりかねません。

 

 

そして、最後の「どのように」といった部分も

適切な文法や句読点や改行などの文章の基礎原則

これをきちんと抑えられていなければ

分かりにくい文章が出来上がるわけですから

これも読み手からの反応を大きく落としてまう要因になってしまいます。

 

 

逆に言えば、以上の4要素を十分満たした文章であれば

読み手から高い反応を引き出していく事が可能になるという事。

 

 

 

つまり、読み手から高い反応を獲得していくためには、

 

コピーライティング

=「誰が」「何をして」「どんな順序で」「どのように」伝えて反応を獲得していくか

 

この4つの要素を忠実に守った文章を書いていかなければならないわけです。

 

 

 

コピーライティングと5W1H。文章スキル上達への大法則。

では本題の「5W1H」に移りましょう。

もう気付いている方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

先ほど説明した4つの要素のほとんどが

「5W1H」に含まれているんです。

 

 

「誰が」→WHO

「何をして」→WHAT

「順序構成」→WHEN(いつ)、WHERE(どこで)

「どのように」→HOW

 

こんな感じで、コピーライティングに必須の4要素を

しっかりと満たしてくれんですね。

 

 

今後あなたが実際に文章を書いていく際には

上記の「4W1H」をきちんと意識して書いていって下さい!

 

 

 

・・・ただ、これだけではまだ不十分ですよね。

 

まだ最後のW、「WHY (なぜ)」が残っています。

 

 

実は今回、最も強調したいのがこの「WHY (なぜ)」のところなのです。

 

 

この「WHY (なぜ)」というものが

上記の「誰が」「何をして」「どんな順序で」「どのように」である

「4W1H」を適切に稼働させる重要な基盤となるものだからです。

 

 

 

コピーライティングは「WHY (なぜ)」が最重要

それではなぜ、「WHY (なぜ)」がそこまで重要になってくるのか?

 

 先程言った通り、それはこの「WHY (なぜ)」が

「4W1H」、「誰が」「何をして」「どんな順序で」「どのように」

この4つの必須要素のクオリティを高めてくれるからといったものでした。

 

もう少し、説明を加えると、、、

 

まず、第一に「誰が(WHO)」の部分。

 

これは、読者となる対象を明確にするステップですが

そのターゲットを明確化のためには、必ず「WHY(なぜ)」が必要になります。

 

例えば、今回の記事のタイトルである

『コピーライティングと文章の骨組みになる5W1Hについて』

 

今回このタイトルを付けた際は、そのキーワードを入力する相手、

読み手となるターゲット像をきちんと想定して作りました。

 

 

いくつかそのターゲット像としては、、、

 

・コピーライティングと5W1Hの関係性について知りたい人。

・コピーライティング、文章スキルを上達させたい人

・上記のタイトルに興味を抱きやすい人 

 

こういった読み手を想定したわけですが

これって確実に「WHY (なぜ)」の考え方を使ってますよね?

 

「なぜ、このタイトルが有効なのか?」

「なぜ、このタイトルが最善策なのか?」

「なぜ、このタイトルが興味や関心を引くのか?」

 

こんな感じで自然と「WHY (なぜ)」の思考を用いてるはずなんです。

 

それと同様に、

 

「何を (WHAT)」の部分であれば、

 

「なぜ、この内容を書いたのか?」

「なぜ、この話をするのか?」

「なぜ、この事例を選択したのか?」

 

「順序構成 (WHEN(いつ)、WHERE(どこで)」の部分であっても

 

「なぜ、この段階でこの話をするのか?」

「なぜ、この順番で構成したのか?」

「なぜ、この話の流れにしたのか?」

 

そして、最後の「どのように (HOW)」も

 

「なぜ、この文法で構成したのか?」

「なぜ、この言い回しなのか?」

「なぜ、ここで句読点を入れたのか?」

 

こういった風に4つの要素全てに対して

「WHY (なぜ)」をそれぞれ適用する事で、

その4つの質を高める事が可能になるわけです。

 

もちろん、そのためには「WHY (なぜ)」の答えになる部分、

つまり「BECAUSE (なぜなら)」を正しく答えられるだけの

先立つ情報や知識をインプットしておく必要があるものの

 

その役割はこの教材一つで十分です。

 

上記の教材はコピーライティングに必要な知識を

これ以上ないレベルで学べる教材だと思いますので

間違いなく「なぜ (WHY)」の質を高めることでしょう。

 

また、これは何もコピーライティングだけに言える話だけでなく

自分の日常生活でもとても役立ちます。

 

 

・「なぜ今、この買い物をするべきなのか?(WHY)」→ 「なぜなら・・・・(BECAUSE)」

 

・「なぜ、この選択を決めたのか?(WHY)」→「なぜなら・・・(BACAUSE)」

 

 

こんな感じで自分のあらゆる行動に対して
都度疑問を投げかけて、理由付けを図っていく事もとても有効だと思います。

 

 

ただ、やりすぎには注意して下さいね。

 

やりすぎると、思考で頭がいっぱいになってパンクしたり

友達や家族に嫌われる可能性も無きにしも非ずですので (笑)

 

以上です。

 

まろすけ

 

当ブログでは各種講座を公開しておりますので

ぜひご覧ください。

ブログ講座一覧

 

 

また、ブログで公開している情報量も多くなり

すべて目を通すこともなかなか大変だと思います。

 

 

もっと効率的に学びたいあなたへ

 

ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを

私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

ぜひ最低限必要なことを効率的に学べ、秘匿性の高いノウハウも同時に学べる

「まろすけが教える無料メール特別講座」へご登録ください。

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますのでぜひご登録下さい。

それではメルマガでお会いしましょう。

 

⇒まろすけが教える「無料」メール特別講座のご登録はこちらから