まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

文章力のブラッシュアップ方法とは?

まろすけです。

今回は「文章力のブラッシュアップ方法」
についてのお話します。

 

 

このブログコンテンツや推奨教材である

『The Million Writing』などではネットビジネスで高いレスポンスが取れる

文章の書き方を詳しく解説しています。

 

 

もちろん、その視点が礎になるのですが

文章の分析・修正などの詳しい方法論についてはあまりなかったので

ここでピックアップして述べたいと思います。

 

 

これからお話する内容を実践していただければ

あなたが書いた文章でもお役に立てるのではないかと思ってます。

 

 

 

それでは、、、

 

文章のブラッシュ方法とは??

 

f:id:tmarosuke:20181229165641j:plain

 

せっかく精魂込めて書いた文章だからもっと良くならないか?

こんな事を思う方は少なくないと思いますし

私もそう思うときが多いですね。

 

 

私もそんな思いを持ちながら、いったん書いた文章を何度か読み返し

分析して書き直すというプロセスを繰り返してますね。

 

 

それくらい未だに自分の文章に対しては

自信がないと感じることが多くて

文章の分析や修正を続けていく事によって

自らのコピーライティングスキルの向上に繋がることを実感してるからです。

 

 

では、その文章の分析・修正におけるアプローチ方法とは何なのでしょうか?

 

それは、

 

「一度書き上げた文章を俯瞰的に見て

その意識を維持した状態で文章の修正を図っていく」

 

というものです。

 

f:id:tmarosuke:20181229170810j:plain

 

「俯瞰(ふかん)」とは「高い所から見下ろすこと」を意味することば

 

コピーライティングにおける文章への分析・修正というアプローチを図っていく際にも、

この「俯瞰」の視点は非常に大切なものになってきます。

 

 

何故なら、コピーライティングの一番の目的は

「多数の見込み客を反応させていく事」であり

「俯瞰」な見方はその見込み客の視点に他ならないからです。

 

 

それでは具体例として、

 

「この時計はとても素晴らしいですよ!」

 

という文章を「俯瞰」視点で捉えてみましょう。

 

 

この文章に対して「俯瞰」視点、

つまり、見込み客大勢の視点を用いて捉えていくと

おそらく大勢の見込み客は以下のような考えを浮かべるはずなのです。

 

 

 

「え?本当にそうなの?」

 

基本的に人間は防衛反応や警戒心を示す生き物であるため、

それが売り込みと感じられる文章に対しては

その根拠となる明確な理由を欲しているはずだからです。

 

 

もちろん、中には

 「また俺を騙そうとしてるな」

などという考えを抱く人もいるかもしれませんが、

 

 

あくまで不特定且つ大多数の見込み客を想定しているので

変わり者の方たちは考慮しません。

 

 

つまり、この上から全体を見下ろして

見込み客大勢の考えを捉えていく「俯瞰」視点を使いながら、

 

 

「この商品は素晴らしいですよ!」という文章を分析していくと、

「え?本当にそうなの?」という考えを抱く人達が大多数だというわけですね。

 

 

このように「俯瞰」視点で自分が書いた文章を分析して修正していく事は

必然的に大多数の見込み客サイドの考えを汲んでいる事になるので、

大きく反応の取れない文章になるはずがありません。

 

 

仮に「俯瞰」視点で分析や修正を施していってもイマイチ反応が取れない文章なのであれば、

それはただ単に自分が「俯瞰」視点でその文章を分析、

修正していた「つもり」になっているだけという可能性が非常に高いと思います。

 

 

本当の意味で「俯瞰」が出来ていれば、

それは多くの見込み客の悩みや願望などの気持ちを

忠実に脳内に再現している事が出来ているはずですから、

 

あとはその気持ちに適切に応えていく文章を

きちんと書いていくだけなので全く反応のとれない文章になるはずがないからです。

 

ですので、この「俯瞰」視点は書き上げた文章への分析や修正はおろか

実際に書いていく段階においても非常に重要な視点と意識になるわけですが、

 

ぶっちゃけ、この「俯瞰」というものの

程度やレベルはその人自身のスキルや能力に完全左右されます。

 

でなければ、世の中の人間全てが「俯瞰」出来ているわけですから

もっと多くの人達が高い反応の取れる文章を書けているはずですし、

私の文章ももっと上手いものになっているはずです(笑)

 

ただ、いくら「俯瞰」視点のレベルがその人自身のスキルや能力に左右されるといっても
ある程度の練習を積む事で鍛えていく事で向上できますから安心して下さい。

 

 

「俯瞰視点」「聴くスキル」を向上させていく方法

この「俯瞰視点」とか「聴くスキル」といったものを向上させていく

具体的な方法としては3つの方法を挙げておきます。

 

1.書き上げた文章を「時間をおいて分析。声を出して読む。」

2.普段から常に他者の気持ちや自分自身の心理を意識する

3.読み手の心理を洞察しながら、とにかく「書いてみる」

 

 

それぞれ解説していきます。

 

1.書き上げた文章を「時間をおいて分析。 声を出して読む。」

このアプローチ方法は、実際に自分が一度書き上げた文章に対して

時間を置く、読むといったアプローチ方法ですね。

 

まず、「時間をおいて分析」というのは書き上げた文章に対しての

自分自身の個人的な主観を排除する事が目的です。

 

基本的に自分の文章の欠点は書き上げた本人自身には

あまりピンとこないケースが大半なので、

それを少しでも回避するためにも文章を一度寝かせます。

 一度距離を取ってみることですね。

 

そしてもう一度自分の書いた文章を読む事で、

どこが悪い部分なのかが多少ははっきりすると思います。

 

こういったアプローチを取ることで

自分が持っている強い主観を少しでも弱める事が出来るからです。

 

そして、次に「声を出して読む」という方法ですが

このアプローチは先ほどよりもかなりの線で主観性を弱めていく事が可能です。

 

実際に音にして読むという行為を自分の文章に対して行うことで、

より俯瞰的に自分の文章を捉えていくことが可能になるからです。

 

視覚だけよりも自分の文章に対する違和感や間違いに対して

より効率的に気付きやすくなるからです。

 

もちろん、理想はその文章を再度読んだだけで違和感や間違いに気づく事ですが、

それが難しい方には

 

「時間をおいて分析。声を出して読む。」

 

といった方法はかなり効率的に俯瞰視へと繋げる事が出来るはずです。

 

2.普段から常に他者の気持ちや自分自身の心理を意識する

おそらくは見て分かる通り、

このアプローチは普段の日常生活で使える方法になります。

 

まず「他者の気持ちを意識する」という部分ですが、

 

これは目の前の人間が

 

「何を考えているのか、何をして欲しいのか、何をして欲しくないのか」

 

といった事を常に考えながら接するということですね。

 

こういった事の延長線上にあるものがネットビシネスといえるので

ここを怠っていくべきではないと思います。

 

結局、ネットビジネスと言っても

パソコンの向こう側には人間がいるわけですからね。

 

ちなみに『The Million Writing』の著者である宇崎恵吾さんは

「恋愛」こそがその目的を果たすに最もふさわしいものだとおっしゃっています。

 

「恋愛こそが自然と相手の気持ちを考え、相手を説得したいと思う

人生においては最も大きなイ ベントと言えるから」

 

との事でした。

 
どうしても難しい場合は「友達」に置き換えて考えてみるのもありかと思います。

 

あまりにも相手の気持ちの探りに一生懸命になりすぎるのも

どうかと思いますので、気楽にやってくださいね。

 

次に「自分自身の心理の意識」についてですが、

これは自分の抱いた思考や感情などをただ観察する、

もしくはその理由を探っていくというものです。

 

日々の考えやいわゆる喜怒哀楽といった感情がその対象になるわけですが、

こういった事を繰り返していく事は主観性を弱めていく事に繋がるわけですので

自ずと俯瞰視にも繋がっていくはずです。

 

「何でこんな思考が出てきたんだろう?」みたいな感じで。

 

少々哲学的に思われるかもしれませんが、

こういった自己の客観視の継続は、

外部的な視点に立つ事が容易になりますので、

文章を書いていく際にも非常に効果的なはずです。

 

結局、読み手目線に立ってしまえば勝ちですから。

 

3.読み手の心理を洞察しながら、とにかく「書く」

最後にこの方法なんですが、

「なんだ」

と思われるかもしれませんが

 

これは年収5億円を稼ぎ出すコピーライターさんが
述べられてたことです。

 

 

俯瞰視をどうやって高めていけばいいのか?

という方法論は正直やはり「鍛錬」しかないと思います。

多少コツもあるかと思いますが、日々の「鍛錬」に勝るものはないですね。

自分が書いた文章に対して多くの読み手がどう感じるかっていう予測は

それを捉える脳のどこかにあると思います。

結局そこを鍛えるしかないのです。

やはり、ここは書いて書いて鍛えるのです。

あくまでも読んでる人の心理を洞察しながら「書く」という事ですね。

やっぱり読んでる人の気持ちを凄く考えながら丁寧に言葉を選びながら書くこと、

それを毎日毎時間やっていれば嫌でも鍛えられます。

 
 
多くのターゲット,読み手が
「何を望んでいる,何を悩んでいる,どんな言葉に不安を感じる,どんな言葉に興味を持つ」
 
異性にラブレターを書くよう丁寧に文章を書いていくというイメージで
繰り返し文章を書けば俯瞰視は鍛えられるはずです。
 
結局は才能ではなく「量」だと思います。

文章は読み手の心理、まず読み手の事をリサーチし理解したうえで

自分の発した言葉に多くの読み手がどう反応するのかを考えながら

言葉ひとつひとつ丁寧に選び書き続けることですね。

 

師匠である5億円ライターさんは

少ない日でも10時間は文章を書いてるそうですが、、、、(苦笑)

 

おさらいしますと、、、

 

文章の分析や修正における具体的且つ効果的なアプローチ方法としては、

 

一度書き上げた文章を俯瞰的視点で分析し

その俯瞰意識を維持した状態で文章の修正を図っていく事

 

そして、コピーライティングスキルや文章力の向上に対しても

俯瞰視点と呼ばれるものを鍛えていく事が一番である。

 

その向上方法としては、

 

1.書き上げた文章を「時間をおいて分析。声に出して読む。」

2.普段から常に他者の気持ちや自分自身の心理を意識する

3.読み手の心理を洞察しながら、とにかく「書いてみる」

  

上記3つが効果的な方法であるということでした。

 

ここに書いたことをすべてやるのは、ストイックさも必要なくらい

大変なことだと思います。

 

ただ、実は今回紹介した方法よりももっと早く俯瞰視点などを磨き、

そしてコピーライティングスキルを効率的に向上させられる方法

っていうのがあります。

 

手っ取り早く5億を稼ぎ続ける師匠から直接サポートを受けちゃえばいいんです。

 

『Copyrighting Affiliate Program』

 

この企画なら彼から直々に文章の指導を頂くことができ

間違いなくあなたのスキル向上に繋がります。

正しい方向でそして良い環境下でやることが最短で稼ぐためには効果的であり

確かな努力の継続が可能になるという事なのです。

 

また、アフィリエイト活動において様々な質問や疑問の投げかけができますので

ドンドン彼を頼ったらいいと思います。(笑)

 

詳しくはこちらで詳しく解説してますので、
少しでも気になったのであれば是非。

『Copyrighting Affiliate Program』

 

以上です。

 

まろすけ

 

当ブログでは各種講座を公開しておりますので

ぜひご覧ください。

ブログ講座一覧

 

 

また、ブログで公開している情報量も多くなり

すべて目を通すこともなかなか大変だと思います。

 

 

もっと効率的に学びたいあなたへ

 

ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを

私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

ぜひ最低限必要なことを効率的に学べ、秘匿性の高いノウハウも同時に学べる

「まろすけが教える無料メール特別講座」へご登録ください。

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますのでぜひご登録下さい。

それではメルマガでお会いしましょう。

 

⇒まろすけが教える「無料」メール特別講座のご登録はこちらから