まろすけのアフィリエイト倶楽部

副業でアフィリエイトを始める初心者の方に稼ぐ方法を具体的に、そして実践的なコツを丁寧にお教えします。

コピーライティングのテクニック活用法について

どうも、まろすけです。

 

今回は「コピーライティングのテクニック活用法について」についてお話します。

 

ここからの内容は、今後を左右するとても重要なものです。

コピーライティングを学び、

読者さまから少しでも高いレスポンスを獲得したい

という強い思いがあれば、是非このまま進みください。

 

f:id:tmarosuke:20181224140443j:plain

 

全てのコピーライティングテクニックに通ずる3+αの大原則

 

「読者さんから多くのレスポンスを得るためには?」

何が必要なのでしょう?

 

f:id:tmarosuke:20181229165643j:plain

 

 

 

一般的に言われてるのが 

 

 

・読まない、興味を抱かない

・信じない、共感を抱かない

・行動しない、買ってくれない

 

いわゆる3つのNOTですね。

 

 

読み手側にこの3つの壁があり、我々は順番にかつ確実に越えるような

文章を意識して書く必要があります。

 

 

f:id:tmarosuke:20181229172904j:plainf:id:tmarosuke:20181229172904j:plainf:id:tmarosuke:20181229172904j:plain

 

 

しかし、3つの壁を超える前提として

 

・理解の壁

・納得の壁

 

 

が存在します。

 

当然だと思いますが、理解をしてくれない、納得もしてくれないような

文章でよいレスポンスは期待できないからです。

 

 

さきほどの3つの壁とセットで考えると

 

1.読ませる⇔興味や関心を抱かせる

2.理解させる

3.納得させる

4.信じさせる⇔信頼感や共感を抱かせる

5.行動させる⇔購入させる

 

 

信用を得る前提として理解と納得してもらえるかが重要なのです。

 

 

いくら最初に読者さんから高い興味を持たれても

それ以降の文章が残念だったら信用なんてしてもらえません。

 

 

つまり、せっかく読んでもらえた文章と信じてもらうためにも

理解と納得を引き出していくような文章を意識して書いていってください。

 

5つの大原則をクリアする具体的なテクニック

f:id:tmarosuke:20181229172556j:plain

 

では、具体的に実践テクニックをお話してきますが

ここでは主だった特に重要なものについて絞りますね。

全部話すと大変な量になりますので、、、。

 

 

 

それらの具体的なテクニックとは

 

  •  誰にでもわかりやすい文章を書く(全ての壁&理解の壁)
  • 一貫性のあるメッセージを意識して書く(納得の壁)
  • イメージしやすく想像力に火をつける文章にしていく(興味と行動の壁)
  • 主張の後その理由や根拠を必ず示す(信用の壁)
  • 行動を起こすのは今である理由を提案する(行動の壁)

 

では、一つ一つ解説していきます。

 

 

1.誰にでもわかりやすい文章を書く(全ての壁&理解の壁)

これはあたりまえのことですが、

 

・きちんとした文法を意識して

  • 一文を短く
  • 結論から述べる
  • 主語と述語を近づける
  •  あいまい表現は避ける
  • 句読点をわかりやすい位置にする
  • クドい文末にしない

 これらを意識していけば、分かりやすい文章が書けるはずです。

 

 

 

2.一貫性のあるメッセージを意識して書く(納得の壁)

 

納得の壁を越えるためには一貫性のある筋の通った文章が不可欠です。

そのためにも一つ一つの文章を常にタイトルや前文・後文との繋がりを意識して

文章を書くことが必要です。

 

  • 流れを感じない突拍子のない内容は極力使わない
  • 接続詞を活用する
  • 重要なことはリピートして伝えていく

 

この3つを意識するだけでかなり違ってきます。

 

特に3点目のリピートする手法は、心理傾向的にも有効なので
最低限3回は繰り返すことを意識してください。

特に伝えたいことは箇条書きにするといいでしょう。

頭にも残りやすいですし。

 

 

 

3.イメージしやすく想像力に火をつける文章にしていく(興味と行動の壁)

 

人というのは簡単にイメージできる文章には大きな反応を示すもの。

 

時には、難しい哲学的な言葉も有効かもしれませんが

小説や物語のほうが万人受けすることが多いです。

 

イメージしやすい文章は

  • ストーリーを大切に
  • 五感を刺激する言葉を使う

 

これらが有効なので活用してください。

特に、ストーリーや物語はイメージしやすいうえ人が信じやすくなるとも

言われてますので、共感をも引き出せる手法なのです。

 

いはいえ、なかなかハードルは高いですが、

小説などを参考にして、活用できそうな文章は是非、取り入れてください。

主張の後には必ずその根拠を忘れずに。

心理学でも主張→根拠の流れは信用されやすいと立証されてます。

 

 

「なぜなら~からです」でいいと思います。

 

 

ただし、主張する際は読者さんに反感を抱かれないよう注意してください。

文章の冒頭に、「私の意見としては〇〇〇です。なぜなら〇〇だからです。」

と個人の見解に留めておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

4.行動を起こすのは今である理由を提案する(行動の壁)

 

仮に興味を引き出して理解と納得の壁を乗り越えたとしても
なかなか購入には至らないケースがほとんどなのです。

 

 

あなたもよくありませんか。

「またあとで買えばいいか。」って感じですね。

 

 

そこで読者さんに今すぐ行動を起こさせる手法として

 

  •  メリットやベネフィットを押し出す
  • 希少性や限定性などを押し出す

 

以上2点が有効なのですが、要因についてはきちんと伝えてください。

 

 

「なぜそうなるのか?」というところがないと

読者さんは疑念が残り、納得してもらえないからです。 

せっかく有益な情報提供をしているのに

これもやっぱり誇大広告と思われたら残念ですよね。

 

 

「これであなたも億万長者の仲間入りです!」

「コピペで月50万楽に稼げます!」

 

 

なぜそうなるのかの要因が示されてないから

胡散臭い、怪しさしか感じない文章になるのです。

 

 

まずはその理由や根拠といったものを提示していくように努めてください。

 

今回は以上です。

 

総括

コピーライティングで多くの反応を得るためには

 

 

1.読ませる⇔興味や関心を抱かせる

2.理解させる

3.納得させる

4.信じさせる⇔信頼感や共感を抱かせる

5.行動させる⇔購入させる

 

 

信用を得る前提として理解と納得してもらえるかが重要。

その5つの大原則をクリアする具体的なテクニック、

 

 

  •  誰にでもわかりやすい文章を書く(全ての壁&理解の壁)
  • 一貫性のあるメッセージを意識して書く(納得の壁)
  • イメージしやすく想像力に火をつける文章にしていく(興味と行動の壁)
  • 主張の後その理由や根拠を必ず示す(信用の壁)
  • 行動を起こすのは今である理由を提案する(行動の壁)

以上です。

 

まろすけ

 

当ブログでは各種講座を公開しておりますので

ぜひご覧ください。

 

ブログ講座一覧

 

また、ブログで公開している情報量も多くなり

すべて目を通すこともなかなか大変だと思います。

 

 

もっと効率的に学びたいあなたへ

 

ブログでは公開不可能である秘匿性の高い有益な情報やノウハウを

私のメールマガジンにて限定公開しております。

 

ぜひ最低限必要なことを効率的に学べ、秘匿性の高いノウハウも同時に学べる

「まろすけが教える無料メール特別講座」へご登録ください。

本講座自体は、「完全無料」で提供していきますのでぜひご登録下さい。

それではメルマガでお会いしましょう。

 

⇒まろすけが教える「無料」メール特別講座のご登録はこちらから